真鍮 円板 規格品

最近の記事

画像のような円板(円形プレート)をオーダーメイドで承ります。

お見積りのご依頼はこちら → https://ws.formzu.net/fgen/S83970340/

弊社のご紹介

弊社は板金加工、精密板金加工、製缶加工の経験が豊富なファブレス工場です。
ファブレス工場という言葉は聞き慣れないかもしれませんが,自社で製造設備を持たず他社の設備を使用して製造するメーカーのことをいいます。
高収益で有名なキーエンス様などがその代表例です。
当店は自前の設備を保有することなく、他の板金加工工場が保有する機械設備を時間単位で借り入れて様々なお客様より頂いたご注文の内容を集中的に加工することにより、製造コストを抑えてお客様にコストメリットを感じて頂けるように努力しています。


弊社が加工可能な材質について

製作数が多い順番に並べますと以下のようになります。
銅、真鍮、ステンレス、鉄、アルミ、その他
・・タフピッチ銅(C1100)、無酸素銅(C1020)、リン青銅(C1050)
真鍮・・C5101
ステンレス・・SUS304、SUS316、SUS316L、SUS430
・・SPCC、SPHCーP、SS400、SS、SECC
アルミ・・アルミ合金(A5052)、純アルミ(A1100)

円板加工の内容

オーダーメイドで加工できる形状について
穴なしの真円、ドーナツ型、半円、1/3円、1/4円、1/6円、長丸、小判型などの加工を主に行っておりますが、四角でもなんでも可能です。穴の形状も自由に設定して頂けます。

■お取引を頂いているお客様について
業種の例・・機械メーカー、電気・電機メーカー、電気工事、建築、芸術、個人(趣味やDIY)、大学、病因、国の研究機関、企業の研究分野など。

以下は納入実績の一例になります。
東京大学、筑波大学、足利大学、産業技術総合研究所、オムロン株式会社、株式会社ディスコ、第一三共株式会社など

お客様の分野によっては非常にシビアな精度や美観をお求めになることもあります。
当店では単に金属プレートを円形にカット加工をするだけではなく、外径や厚みの公差を百分台に収める加工も行っております。具体的にはレーザーカットした後に旋盤で外径を加工したり、厚み面(表面と裏面)をフライスで切削加工を行っております。
表面処理について
当店では必要に応じて金属加工製品に対して表面処理付きでの納入を行っております。
具体的にはメッキや焼付塗装、バフ研磨、ヘアーライン加工です。
当店では特に鉄製品に関しては何らかの表面処理は必須と考えております。
表面処理を行わない場合、特に鉄に関しては錆の発生や素地表面が変色することにより,思わぬ損害を受けることも考えられます。

メッキや塗装などの表面処理について

メッキ
三価クロメートメッキ、ユニクロメッキ、クロメートメッキ、クロームメッキ、ニッケルメッキスズコバルトメッキ、黒クロメートメッキ、無電解ニッケルメッキ
焼付塗装
メラミン、エポキシ、ラッカー、耐塩害、Vクロマーなどへの対応が可能です。
塗装色の指定はマンセル記号もしくは日塗工の番号でお願いします。
バフ研磨とヘアーライン加工
曲げ加工や溶接後にバフ研磨やヘアーライン加工を行います。
ヘアーラインよりもラフな加工でローラーサンダーで仕上げる方法もあります。

タグクラウド