当店はレーザー加工を行っておりますので板金加工全般の対応が可能です。
曲げ、溶接、塗装、メッキまでの対応が可能です。

レーザー加工 製品

レーザー加工 製品 例

円形の抜きの様に1工程のみで終了する場合もあればそれとは全く違う形状の
レーザー加工を行い、その後にタップ加工、バーリング加工、曲げ加工を行う
場合もあります。

当店では展開データ作成から表面処理までにおける各工程について細やかな
対応が可能です。

銅 C1100 1.5mmをファイバーレーザーで抜き→曲げ加工
銅 レーザー加工

SUS304 2B 2mm 取付金具
レーザー加工 板金 曲げ

​SPCC 1.6mm カバー

板金加工 レーザー加工


レーザー加工 種類

レーザー加工の種類は下記の3種類がメインになります。

2次元レーザー加工機・・平面のみのレーザー加工を行う
3次元レーザー加工機・・平面と側面の加工を行う
パイプレーザー加工機・・パイプの加工を行う

レーザー加工機

レーザー加工機の本体は主に2つの部分で構成されています。

一つはレーザー光線を作る発信機の部分、もう一つは実際に金属の板を載せて金属切断を
行うテーブルの部分です。
金属板を切断する時にレーザー光線を出すヘッドの部分と金属板は接触せずに、鉄板の上
数ミリの位置の高さをキープしながらレーザー光を発し、金属切断を行います。

ちなみに、レーザー加工機は材料を載せた状態でテーブルが動くタイプとヘッドが動くタイプ
様々な大きさのものがあります。

それぞれのメリットとしては下記の通りです。

<テーブルが動くタイプ>
メリット・・精度が出やすい。
デメリット・・支えが剣山のタイプの場合、カットした製品の裏面に傷が行きやすい

<ヘッドが動くタイプ>
メリット・・支えが剣山のタイプの場合、カットした製品の裏面に傷がつきにくい。
デメリット・・旧型機の場合。精度が出にくい場合がある。0

<レーザー加工機のメーカー>
アマダ、三菱電機、トルンプ、渋谷工業、コマツ

 

お見積りのご依頼と加工などのお問い合わせはこちらからお願いします。

お見積りフォーム

円板 見積り

© 2020 円板 rss