鉄の角パイプの加工を行っています。

30×30、40×40、異形(長方形)など多数の取り扱いがあります。

加工可能な内容については下記のものになります。

・切断・・90度、45度、および任意の角度
・その他の加工・・穴あけ加工、機械加工品・・旋盤加工品、フライス加工品の溶接

鉄の角パイプを立体的に組んで溶接を行いフレームの形状のものに
仕上げることも可能です。

単純に角パイプ別作しておいた他の板金加工品などと溶接をしたり
平フレームの製作も可能です。
 

角パイプ 鉄の加工例

 

丸パイプ形状に巻いたものを板金に溶接することも可能です。

© 2022 円板 rss